モグラボラトリ日誌

森薫のウェブ・サイト「モグラボラトリ」のブログ&コラムです。

【ブログ&コラム】オンライン授業の覚え書き

授業が始まって、3週目を終えた。慣れてはきたが、やはり終わるとへとへとになる。もう少し肩の力を抜くのを来週の課題としよう。いくつかミスも出てきた。授業をもう10分長いつもりでやってしまったり、録画ボタンを押しそびれたり。

学生のコメントシートを見ていると、彼らは思ったよりもスムーズにこの状況に適応しているようだ。まあ教員に見せるコメントシートだから、色々と気を遣って書いているのだろうけれど。そして、授業内容についても、授業方法についても、コメントを見る限りでは彼らの実態と概ねフィットしているようで、ちょっとずつ手ごたえを感じはじめている。

時々コメントシートに、「お会いしたら〇〇と▽▽の関わりについて、もっと深くお話してみたいです」とか、「今日授業で先生がされていた××を、自分でもやってみたことがあります。いつか見て頂きたいです」とか書かれている。本当にそうだねぇと思う。会えることを楽しみにしてくれているのが素直にうれしいし、ありがたい。

 

そういえば、私のオンライン授業では、学生のカメラオンは任意でと話している。とはいえ数人だけでも顔を出してくれると、授業者としてはとても助かる。抽象度の高い話や学生が初めて触れるであろうトピックを扱う際に、学生の表情が手がかりになるから。

で、協力してくれる人がいるとありがたいです、と授業の開始時に言うと、ぱぱぱっとオンにする学生が続出する授業と、なかなかオンにする学生が出ない授業があって面白い。なんとなく、専攻分野によって傾向が分かれる気がしている。しっかり計測したわけではないが、フットワークの軽い人の多い専攻と、思慮深い人の多い専攻があるような。どっちもそれぞれいいんです。

 

平常時は、授業を教室で行い、歩いて研究室に帰るという空間の移動がある。実はそのおかげで気分を切り替えられていたのだなあと改めて気づかされる。今期は授業の準備中も授業中もその後の仕事でもずっと、同じ机に向かっているので、切り替えにくく煮詰まりやすい感。

でも徐々に、いくつか、気分の切り替えに寄与する行為を見つけはじめた。まずマイクをPCから引っこ抜いて、マイクスタンドを部屋の隅に移動させる行為。これが、私のなかで教室―研究室間の移動にあたる儀式となってきた。それから、腕時計をして授業をして、終わったら外すというのも。

この状況下では特に、自分のなかに起こる変化に対して自覚的でありたいと思っている。自分にとって効果的な動きを見つけたら、それをうまく生かしていこうと思う。

 

【ブログ&コラム】あの日常、この日常

自宅での仕事にも慣れてきた。壁掛け電波時計Amazonで購入したことで、より仕事場感がアップした。時間への意識が強まるのは良い。

しかし仕事場にいないので、色々な不明点の解決に時間がかかって仕方ない。ただでさえ着任1年目、初めて聞く/目にする用語やルールがたくさんある。毎回、メールで講座の先生たちに聞くのが申し訳ない。お仕事を増やしている。

着任したらやってみたいことがたくさんあったなあと思う。これを輪読しようとか、こういうワークを授業でやってみたい、とか。もちろん諦めたわけでは全然ないが、やってみたいと思っていた、その想像とはずいぶん違ったかたちでやることになる。それを残念に思いすぎないことが大切だろう。その方が新しいアイデアも湧くのだろう。

ここのところ進めている論文のため、自分の研究メモ in Dropboxを検索していたところ、10数年前にまとめた某文献のWordファイルが出てきた。修士の1年生がよく分からずに文章を書き写しているだけのものなのだが(理解してない感がはっきり伝わる要約)、今の私には役立つ内容が含まれており、なんでも取っておいてみるもんだなと思った。確か256MBのUSBかなんかに入れていたんだよな…それでも学部時代はフロッピーだったわけで、たくさん入るなあとか感心していたような。

いやしかしまあ。あの頃は、感染症で外に出られない毎日など、1ミクロンも想像しなかった。半年前も、想像していなかった。ああ。

Wordファイルの話で思うに、時間が経って同じものを見ても、人間は同じようには感じない。コロナ以前とコロナ以後でも同じことがいえるわけで。1年後か数年後か、戻ってくる日常は、かつてあったものが「戻ってくる」のではない。別の日常が、始まるのだろう。私の慣れ親しんだ「あの日常」は、もうずっと会えないものになった。

f:id:rokarioum:20200418195946j:image

アイドロッパー式の万年筆。

【ブログ&コラム】在宅勤務の熟達化

今日は在宅勤務。だんだんうまく時間配分できるようになってきた。To doリストを朝ダーーーっと書いて、優先順位を考えずに上からつぶしていく。ストップウォッチで今後も反復されるタイプの作業の所要時間をはかり、タイマーで時間をブロックする。

まだ雇用関係の手続きが残っている。私はそういうたぐいのことが頗る苦手なのでまたもう数日かかりそう。意味をすべて理解しようとするせいだ。全部コントロールしようとしないこと。

新しいゼミ生とのやり取りが始まっている。研究テーマや関心のあることがメールに書かれており、とてもわくわくしてくる。このような状況下でもベストの伴走者であるために、私にできることをする。

今年度は新規の授業が多く、立ち上げにはやはり大きなエネルギーを要する。前任校と違ってオムニバスの授業が多く、スケジュールの把握にさえ時間がかかってしまう。焦らず、目の前のことを進めるほかない。

研究が滞っている。明日は論文を読むこと、原稿を書くことにしっかり時間を使いたい。

 

f:id:rokarioum:20200406175549j:image

 数年前に買った、限定版のかっぱえびせんロルバーンを、ゼミ用ノートにした。やめられない止まらない、そんなゼミ(どんなゼミだよ)にしようと願いを込めて。

今日はニュースを見ずに過ごすようにした。キャッチアップは大切だが、精神衛生上、そういう日も作ることにする。緊急事態宣言を出す意向を表明、とかいうとんち問答めいた(?)文言に心を揺らされすぎないように。

 

【ブログ&コラム】つらいものはつらい。

f:id:rokarioum:20200404173109j:image

前任校退職のときに頂いた花、少しずつしおれていっているけど、2週間経ってもまだきれいに咲いてくれているのがいる。外出できないときに家に花があるのは予想外に心に良い。ありがたい。

 

※※※※

 

今日は東京で過去最多、118人の感染が確認されたそうだ。

www.nikkei.com

たぶん感染者はもっといるだろう。この様子では通常の大学生活が送れるようになるのはもう、秋?冬?いや冬はまた感染しやすくなる?いつ学生に会えるの?ゼミは?卒論は?…ああ暗澹。

今年度は新規立ち上げの授業ばかりで、その授業の準備をするには段ボールに詰められた文献書籍の類を取り出す必要がある。つまりなかなかの有要有急の事情があるため、出勤せざるを得ない。ほかにも雇用関係の書類手続き、ネットの接続…独りぼっちで研究室を整える日々がもうしばらく続くと思う。

で、出勤するとき、ずっとうっすら良心の呵責をおぼえている。本当はこんなことすべきではないのかもしれない、人命を最優先・感染予防を最優先するなら何とかネット資料と手持ちのデータで授業準備すべき?と。でも授業後に後悔するのは目に見えている。そんなこんなでやっぱりコロナに気持ちをやられている。

私はフリーランスではなく、経済的な打撃は受けていないのだから、これは甘ったれた愚痴かもしれないが。でもつらいものはつらい。このつらさを感じている通勤者は多いのではないだろうか。みんなでじわりじわりと心をやられていく。

なるべく元気でいるために、今日はつらいというのを外に出してみた次第。

 

 

 

 

 

 

 

【ブログ&コラム】定義と励まし

研究推進課に電話をかけて、「えーと、森は森林のしん、薫は薫風のくんです」とか言っていたら、ふと、ああこれって久しぶりの新人ライフなんだ、こうやって組織の一員になっていくんだ、と気づいた。

学習=「実践のコミュニティへの参加とその深まり」という状況的学習論の定義は私の研究を、いや人生をいつも支えてくれてきた。その電話で、久々にこの定義を思い出した。そうだ私はこれからあたらしい学習を始めるのだ。

ところで、定義に励まされること、結構ある。音楽とは人々の行為である(Christopher Small)。とか。芸術とは経験である(John Dewey)。とか。知識とは保証づきの言明可能性である(またしてもDewey)。とかね。私もいつか、だれかを励ますようなかっこいい定義、生み出したいぞ。

*****

コロナで学生に会えないので、もちろんZoomでの授業・ゼミの方法などもぼちぼち模索しているのだが、このブログも活用しようと思い、頻繁に更新してみている。ちょっと一方向的なのが残念だけど、続けてみる。コメント、よかったらください。急にはしにくいだろうけれど。

 

 

【ブログ&コラム】今日もごあいさつです。

本日2020年4月1日付で、埼玉大学教育学部芸術講座に着任いたしました。引きつづき子どもの音楽学習の研究、小学校の教員養成、そしてあらたに中高の教員養成に取り組みます。

このコロナ禍の状況下では学生にいつ会えるのかと、新たなスタートなのに不安がよぎります。今日は、辞令をもらって、研究室の環境づくりを進めました。学生への推薦図書コーナーも作りました。この中のどの本がウケるかしら、新しい世界を知ってもらえるかしらと考えていると、不安は減り、とてもわくわくしてきます。会いたいぞ。遂にご対面の暁には「やっと、会えたね…」と辻仁成ばりにキメてしまうかもしれないな(学生さんたちよ、「ミポリン 辻仁成」でググりたまえ)。

今年度も、どうぞよろしくお願い致します。

 

f:id:rokarioum:20200401203749j:image

夜帰るとき、このヒトと毎日会わにゃいかんことを今日知りました。暗い中にぼんやりとうかぶ白い肌…な、なかよくしてね…

【ブログ&コラム】本日で東京未来大学を退職します。

今日はごあいさつの投稿です。

3月末で、所属していた東京未来大学を退職することとなりました。
着任した2011年4月から9年間、先生方にも、職員の方にも、大変お世話になりました。

大学院生だった2010年に採用のお知らせをいただいて、「大学教員・研究者になる」という、当時の私にとっては大それた夢が叶いました。その時に感じた嬉しさと驚き、そして武者震いを、今でもはっきりと思い出すことができます。

東京未来大学は私にとって初めての専任校であり、あらゆる仕事をゼロから教えていただいた場所です。文字通り「学び舎」でした。教育者として研究者として、組織の一員として、さらに社会人としても、先生方・職員の方々に育てていただきました。

同僚の先生方には、科研費の申請書の書き方、学位を取るための審査のときの心がまえ、その他にも本当に色々なことを教えて頂きました。2連ちゃんで科研をとれたこと、博士論文を書き上げられたことは、未来大の先生方のサポートのお蔭です。「こないだ遅くまで粘ってましたね」「あきらめないで論文がんばってね」「先生のテーマなら、申請書はこういう風に書いたらどう?」と笑顔で励まし、教えてくださった先生方に、心から感謝申し上げたいです。

専攻や学部や研究分野の垣根、教員と職員の垣根を越えて、多くの方々と関わりをもたせていただき、自分の視野を広げられたことは、おそらく生涯を通じた財産となりました。本当にありがたく思っています。

 

何より感謝したいのは、もちろんゼミ生をはじめとする学生たちです。彼らによって私は、大学教員にしてもらいました。彼らに共感したり、やさしさと素直さに自分を正されたり、なんともしがたいなあこれはと困ったり、おいおいそれはいかんだろと憤慨したり、こんなことができるようになったなんてと驚きながら感動したりして、9年間を過ごさせてもらいました。

学生の皆さん、卒業生の皆さん、本当に、1人1人に感謝を伝えてまわりたい思いがしていますが、今は我慢。自分がもうコロナに感染しているかもと思いながら、行動しましょうね。落ち着いたら、元気で会いましょう。皆さんの健康と幸せを、ずっと祈っています。落ち着いたら、会いましょう。お元気で。いや、元気でないときがあってもOKです。無事でね。

森 薫

 

追伸

明日からまた別の大学に移ります。まだ辞令をもらっていないので、1.2%ほど不安があります(笑&汗)。辞令交付のあと、またご報告したいと思っています。